×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

webでヒーリング

ヒーリングには興味があるが 家の近くにヒーリングを受けられる場所がない、遠方へでかけられないなどの理由で まだ体験したことがなければ遠隔ヒーリングはどうでしょうか。 webでヒーリングはインターネットヒーリングのことでしてWEB(ネット)上で配信してゆくヒーリングのことを指します。 パソコン上でヒーリングの画面を見ることで効果があるというもののようです。 webヒーリングの「イシスチャンネル」では、高波動のエネルギーをパソコンでの映像にて配信することで ヒーリングを実践してゆきます。 Webヒーリングではパソコンの画面を通してエネルギーを送るという性質上、エネルギーの量は通常の対面 ヒーリングに比べて多少落ちるのが普通のようですので、2回から3回は受けるのが望ましいとされます。 料金などは普通の対面式のヒーリングと比べて極端に違うことはないようです。 Webヒーリングを受けることで患者の体や意識、無意識などが高い波動を受け取るのですが、波動を受け取る と患者のエネルギーが活性化します。 その結果心が穏やかになったり、痛みが軽減されたりするなどのさまざまな体への変化を感じ取ることになる ようです。 普通エネルギーが活性化するときは体が熱く感じられることが多いようですが、エネルギーの活性化で体にあ る不要なエネルギーが体から抜けてゆくという仕組みのようです。 効果が気になるWEBヒーリングですが出かける時間がない方や自宅で受けたい方にはとてもよい方法だと思います

遠隔ヒーリング

遠隔ヒーリングとは、直接に会うことができない人に対して遠隔でエネルギーを送りヒーリングを行います。 年齢や性別を問わず、病気を患っている人や障害を持つ人なども受けることができるようです。 遠隔ヒーリングではその人の悪いところを見つけて指定することができ、そこに向かって気を発生させて送ります。 遠隔ヒーリングでは時間や空間の概念がないため遠隔地であっても、またはじめて合う人であっても効果は変わ らないようです。 遠隔ヒーリングの方法のひとつとしては、決められた時刻に決まった時間数だけ(30分ほど)治療者から患者 に向けてエネルギーが発せられます。 其のときに患者は普段どおりの生活をしていてもかまわないようですが、その人によってエネルギーが送られ てくるのが体感できる場合と何も感じない場合があるようです。 また眠くなることがあるようなので運転などは避けたほうが無難です。 身体のケガや傷の痛みそして難治性の病気、心の悩みなど色々なことに対して使うことができる治療法ですが、その人によ って徐々に聞いてくる人もいれば劇的な変化が得られる人もいるようです。 遠隔ヒーリングを希望の人はヒーリングを受ける前に若干の必要事項を治療者に教えなければならないこと もあるようで、その際は名前や[住所][生年月日][悩みの内容]などになるようです。

ヒーリング

ヒーリングとは体や心に働きかけることによってエネルギーや自分自身での治癒力を見出し、回復 や病からの治療を目指してゆこうという動きのことで、最近癒し系としてブームになっているようです。 リラックスするという意味から難病等への治療という意味まで幅広く使われます。 内容としては、大宇宙の生命エネルギーを、小宇宙である人間の体に同調させることによって身体 の本来のリズムをとりもどしてゆくもので、宇宙のエネルギーと一体になることで健康的な生活を 送ることができるようです。 欧米諸国においては、ヒーリングはすでに治療の一部として成り立っているようで、保険が適用に なる国もあるそうです。 医療とヒーリングが連携して病への治療を行う例もあるということです。 ヒーリングでは自分の中にもつ力に注目してゆくため、治療や回復は自分自身の中にあるエネルギ ーに目覚めてそれを使うことで成り立ってゆきます。 ヒーリングの種類としては気功ヒーリング、前世ヒーリングなどや今話題のスピリチュアルヒーリン グなど色々あるようです。 病院にはいってみたがなかなか改善されないなど、このような症状がある方はヒーリングを受けてみてはどうでしょうか 自律神経失調、鬱病、不安神経症、生理痛、 冷え性、 偏頭痛、パニック障害、 摂食障害、対人緊張、関節炎、腰痛、肩こり、座骨神経痛、 更年期障害、赤面緊張、 強迫神経症、引きこもり、慢性疲労、 めまい、 ストレスなど。